株式会社ロマンテックジャパン
株式会社ロマンテックジャパン

ダイヤモンドの価値ってどうやって決まるの?にお答えします!

婚約指輪の宝石は?と聞けば、ほとんどの人は「ダイヤモンド」と答えると思います。それほど一般認知度が高いダイヤモンド。

何度も購入することのない宝石。
購入するタイミングでその価値をしっかりと見極めたいですよね。

予算内で最高のダイヤモンドをプレゼントするための評価基準をご説明します。

しっかりと覚えておきたい評価基準「4C」

ダイヤモンドは世界一硬い宝石として非常に価値の高いものです。
希少なダイヤモンドの価値は『4C』という評価基準でさらに高まります。

4Cとは、カラット・カラー・クラリティ・カットという4つの評価基準の名称の頭文字にある「C」から取ったものです。

1つずつ見ていきましょう。

カラットは大きさを表す値じゃない

「〇〇カラットのダイヤモンド」という広告は多くの人が見たことがありますよね。

このカラットというのは結果的に大きくなるだけで、実は重さを表す数値。
1カラットは0.2gとなります。

重さは電子デジタルの天秤を使い正確に測られます。

ダイヤモンドは削って美しい形を作り出しています。
元となる原石は削られることによってかなり小さくなるので、ジュエリーに乗せる段階でカラットの値が大きいとそれだけ価値が高まります。

カラーは透明もしくは色の濃さで価値が高まる

ダイヤモンドは無色透明に近いものほど価値が高まります。
色が付くと価値が下がるものの、ハッキリとピンクやイエローの色が付いているダイヤモンドは「ファンシーカラー」と呼ばれ、逆に希少性が高まります。

人気のあるピンクダイヤもこの一種。
人工的に着色したダイヤもあるので、ファンシーカラーダイヤを購入するときは天然ものか人工かを確認してから購入しましょう。

クラリティはダイヤの透明度を表す

ダイヤモンドを通る光の妨げになる内包物やキズの度合いを表しています。
11段階の評価で最高評価が『FL』となっており、婚約指輪では内包物やキズの発見が困難とされる『VS2』以上のものが人気です。

カットはダイヤモンドに輝きをもたらす職人技

カットは「プロポーション(光の反射性)」「ポリッシュ(研磨)」「シンメトリー(左右対称精度)」の3つの要素をそれぞれ以下の5段階で評価します。

■Excellent(エクセレント)
■Very good(ベリーグッド)
■Good(グッド)
■Fair(フェア)
■Poor(プア)

カットには宝石を下から見た時の形に種類があります。
婚約指輪で人気のあるのは「ハート&キューピッド」。
彼女のハートを素敵なダイヤモンドで射止めて下さい!

プロポーズの際はロマンテックリングケースを是非使ってプロポーズしてみてくださいね。

  • カテゴリー

  • page top