株式会社ロマンテックジャパン
株式会社ロマンテックジャパン

ブライダルフェアの回る前に確認しておきたいこと3選!

最近、デート場所としても人気の高いブライダルフェア。
なかなかイメージの沸かない結婚式のイメージがより具体的になるほか、カップルで訪れればお互いに結婚を意識すること繋がることも!

結婚式場をいろいろと見るのも楽しいのですが、そのあとに待っているのが「相談会」ですよね。

なので、結婚式を挙げるならどのくらいの大きさにするのかを事前に決めておく方が良いに間違いありません。

ここでは、ブライダルフェアを回るに当たり前もって決めておきたいことを3つご紹介したいと思います。

ブライダルフェアは1種類じゃない!

一言にブライダルフェアと言っても実は大きく分けて3つの種類があります。
それぞれご説明しますので、より2人に合ったブライダルフェアに足を運んでみて下さい。

館内見学

館内見学では主に「式場見学」「料理の紹介」「プランの説明」があります。説明も簡潔にしてくれるので、1~2時間で終了、もしくは説明を受けずに自分のペースで見てから帰ることも可能です。

模擬挙式&模擬披露宴

男女のモデルが実際に挙式と当日と同じ挙式と披露を行います。参加者はゲストとして流れを確認することができます。

また、通常の説明では写真や動画でしか確認できない演出も実際に見て確認できるので、結婚式に向けたイメージが広がります。

トータルフェア

トータルフェアは、「館内見学」と「模擬挙式・模擬披露宴」を合わせたものです。

さらに披露宴で出されるドリンクや料理の試食会もあるなど、実際に結婚を考えているカップルが一番参加したいブライダルフェアとなっています。

ゲストの人数は何人?

披露宴のプランを決めるのに欠かせない参加者の人数。友達や家族、仕事の上司などを入れてある程度の人数を決めて2人で合計しておきましょう。

人数によって数十万~数百万の違いが出ます。
「~30人」「~50人」「~100人」など、細かく分かれている式場が多いです。

2人の理想と妥協点を知ろう

「レストラン」「テーマパーク」「ホテル」「観光スポット」など式場として使える施設は意外とたくさんあります。

室内か屋外かだけでも決めておくとグッと選択肢を絞ることができます。
また、式場によっては室内と屋外を併用したところもありますので、2人の希望に合った式場を探してみるのも楽しいですよ。

まとめ

カップルが必ず足を運ぶべきイベントとも言える「ブライダルフェア」。
その時々のご都合に合わせて是非参加してみて下さい。

是非プロポーズの際はロマンテックリングケースを使ってくださいね!

  • カテゴリー

  • page top