株式会社ロマンテックジャパン
株式会社ロマンテックジャパン

結婚指輪はいつからつけ始める??

婚約指輪をつける期間は、プロポーズから入籍までと比較的わかりやすいのに比べて、結婚指輪をつけ始めるタイミングはカップルによってさまざまです。

挙式で指輪交換をするまでつけない、という場合もありますし、挙式前でも入籍した日からつけるという人もいます。

そこで、結婚指輪はいつからつけ始めるのがスタンダードなのかまとめてみました。

いいスタートを切るために、結婚式までしっかり保管しておく

結婚したら「結婚指輪をしない日常」から、結婚後は「結婚指輪をする日常」に変わります。独身と結婚の区切りなので、儀式の後につけることで新たな気持ちでスタートできます。

結婚式で指輪を交換するようになった由来には、お互いへの愛や誓いの証として指輪を贈り合ったという説や、お互いの家の家紋入り指輪を交換することで家同士の信頼を深めたという説など諸説あります。

どんな意味があるにせよ指輪交換のセレモニーは、やはり神聖な気持ちで行いたいものです。そのためには、やはり結婚指輪は大事に保管しておくべきかもしれません。

しかし、式を挙げないという夫婦もいます。結婚式を挙げなくても法律的には、入籍をすれば夫婦なので、式を挙げないという方は、購入後すぐにつけ始めたり、なんらかの記念日を選んで身に付けたりします。

お互いにしっかり相談していつからつけ始めるのか決めましょう。

まとめ

結婚指輪を挙式前につけるか、それとも挙式後からつけるのかは「結婚」をどう捉えるか・どう考えるかがカギのようです。

「結婚式」を神聖なもの、新たな人生の幕開けと考えるなら挙式後から。逆に「入籍日」を新たな人生の幕開けと考えるなら、挙式にはこだわらず入籍日から指輪をつけても満足度が高そうです。

なんでもない日、指輪が手元に届いた日から着けはじめる人も、新鮮さが記憶に残りやすいという意味では良さそうです。
しかし最近は結婚式にこだわらない方も多くいるのも事実です。

結婚式ではなく入籍の後や購入の時点で指輪をはめる方も多く、結婚に対する価値観の違いで指輪をはめるタイミングが異なることが分かりました。

どのタイミングから指輪をはめるのかは、周囲の慣習よりも相手と相談して決めるのがベストなのかもしれません。

「結婚」をどのように考えればいいかは実際に式を挙げたり、入籍してみないとわからないことも多いですが、もし結婚指輪に意味を持たせたいなら「夫婦生活がスタートする日」を起点にして、指輪をつけ始めるといいのかもしれません。

プロポーズの際はロマンテックリングケースを是非使ってプロポーズしてみてくださいね。

  • カテゴリー

  • page top